mixi中毒、SNS依存症の一例

日本でもっともネットが見られている時間は、
12時〜1時までというデータがあります

仕事から帰ってきて、お酒を飲んだり家族と遊んだ後、
一人になってからやるとなると、自然とその時間帯が
増えるようですね


同じ時間に人が集中すればするほど、すぐにブログの
コメントが入れられたり、mixiの日記に対してコメント
が返ってきます


もう少しだけと思い返信していると、いつの間にか
午前2時を過ぎている。会話が盛り上がったりすると、
3時や4時ということも普通にあります

ミクシィ中毒

ある男の一例です・・・


眠い目を擦りながら会社に出勤、睡魔に襲われながらも
なんとか仕事をこなす。残業もせず早足で家に帰る

家に着くとご飯も食べずにお風呂も入らずバタンキュー
まだ変な時間帯に寝てしまったため、夜中に目が覚める。
mixiが気になってパソコンをつける

また大量のコメントが返ってきている。日課になっている
日記もついで書く。それに対してもすぐにコメントが
返ってくる。日記といっても掲示板に近いですからね


とか言っている間にまたもや午前3時すぎ・・・


そんな日々が続くと当然、仕事中のミスも増える
成績も上がらなくなる。会社がツラくなってくる
mixiでグチるとみんなが慰めてくれる


会社を辞めたくなってくる・・・


このままでは本当にヤバイ!と思った男はmixiを退会する
ことに決める。しかし何度退会しようと思っても中々出来ない
途切れること無くマイミクの方たちからコメントが
入ってくるから決断が出来ないのだ


結局、男は一ヶ月以上かかって、ようやくmixiから退会する
かまってくれないと彼女から泣かれたからだ


以上、mixiで仕事を辞める寸前まで行った男の実話でした
いちおう言っておきますが、mixiが悪いわけじゃないです
何もかもに優柔不断だった男が悪かっただけですね


もし同じような状況になりかけている人がいたら、
反面教師として参考にしてくださいませ^^;


関連エントリー